気ままに花鳥風月

気ままに花鳥風月

2頭のわんぱくワンコ、コスモとリゲルを従えて今日も楽しく過ごしましょう

スポンサーサイト

Posted by シマリスのほっぺ on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初秋の屈斜路湖カヌー

Posted by シマリスのほっぺ on

秋のシルバーウィーク最終日の25日

めっきり朝晩の冷え込みが厳しくなってきましたが

日中はまだまだ汗ばむ陽気の好天気



先日、和琴でお会いしたゆた吉さんの進水式に

ご一緒させていただきました。

シゲさん、ごえこま家も一緒です。


ゆた吉さんは、先日お会いした際に

カナディアンカヌーの主力素材だったロイヤレックスが

生産中止になって在庫品か中古品でしか手に入らないと

お話をしたところ、その日のうちに

釧路のショップに1艇だけあった中古艇を購入されたのでした。

その日から僅か2週間後のスピード進水式となりました。



P9250002-2.jpg
ごえこまパパによるカヌーレッスンの始まり~

カラフルなカヌーが湖畔を彩ってます。


P9250008-2.jpg
いよいよ湖面に漕ぎ出します。


P9250005-2.jpg 
青いキャンパー、あまり見かけないカラーで個性的

程度もとても良くて値段を聞いてビックリ

今やプレミア価格になりつつあるロイヤレックス製とは思えない

お買い得価格でした。



P9250008 (1)-2
シゲさんとカヌーをするのもこの日が初めて。

マッドリバーの新艇

鮮やかな赤色が湖面に映えますねぇ。


P9250012-2.jpg
まずは風の影響の少ない入江で湖上レッスン


P9250027-2.jpg
風が強くなってきたので、いったん岸に戻りましょう。


P9250029 (1)-2
ゆた吉さん、とても初めてとは思えない

力強いストロークと操船でビックリ


シゲさんも毎週のように屈斜路湖通いをされているので

全く危なげがありません。


P9250031-2.jpg
わが艇が一番危うくユラユラ



14483482_727735274031084_801288090_n-2.jpg
岸に戻って人間、ワンコともどもウマウマタイム

あれ?コスモはどこ行った?


14518487_727735277364417_348583985_n-2.jpg
ドリンクタイムでした。



風が弱まりそうもないので

オヤコツ行きは断念

風の影響の少ない湖岸沿いで湖上散歩
P9250037-2.jpg
風さえなければ絶好のカヌー日和


P9250035-2.jpg
浅瀬ではこんな光景も


P9250040-2.jpg
ごえ船長も意気揚々


P9250042-2.jpg
紅葉はまだまだ

去年はこの時期もう少し色づいてた筈なんだけど

今年はやっぱり遅いのかな。


14483420_727735294031082_654155807_n-2.jpg

P9250045-2.jpg
大勢で行く湖上散歩は楽しさ倍増


P9250050 (1)-2
皆さん、ほんとに楽しそう。


P9250052 (1)-2
キミたち、何度も言うようだけど・・・

同じ方向に身を乗り出さないでくれる?

この状況を、外から見ると・・・

S__11190284-2.jpg
ひえ~~!!沈寸前!?


14508676_727735250697753_1755798019_n-2.jpg 
ゆた吉艇と比べても傾き加減がよくわかる。



P9250059-2.jpg
     いつになったら大人しく乗ってくれるようになるのかな?



カヌーシーズンもいよいよ終盤

紅葉が綺麗な時にもう一度みんなで湖上散歩が出来ればいいですね。








スポンサーサイト

大増水の源流部でプチ探検

Posted by シマリスのほっぺ on

ここ数回カヌーを積んで出かけても雨や風に阻まれて

カヌーを出すことが出来ずに帰ってくることが続いてましたが、

約1か月ぶりに快晴の休日となった秋分の日

ごえこま家がカヌーレッスン&源流ツアーに行くというので

便乗させてもらいました。

ガイドはもちろんぢぢさんです。



P9220030-2.jpg
ごえこま家は屈斜路湖での基本レッスン


P9220017-2.jpg
ウチらはのんびり見学会


P9220024-2.jpg
天気がいいので湖底まで見通せます。


P9220019-2.jpg


P9220032-2.jpg


P9220033-2.jpg


P9220041-2.jpg
爽やかな秋晴れが気持ちいい


P9220048-2.jpg
レッスンの卒業検定、「湖上鬼ごっこ」が始まりました。


P9220049-2.jpg



P9220051-2.jpg
パパさんのパドルさばき凄すぎ!!


P9220053-2.jpg
ぢぢさんも本気で逃げてる?

なかなか見応えのある湖上バトルでした。



見事、卒検にも合格してレッスン終了

いよいよ源流部へ~!!


と、その前に・・・

いまだ源流部は増水によって流れが強くなっているため

コスリゲ同伴では危険を伴う!

てなわけで、コスリゲはぢぢさんちでお留守番



キラキラの源流部_1998-2
コスリゲおろして身軽になって

出発~~~!!


キラキラの源流部_1461-2 
コスリゲがいないと、なんて楽なんでしょう。


キラキラの源流部_1080-2
湖面を進んで源流の入り口まで


源流の入り口のちょうこ橋はまだ増水中で

初心者がくぐるのは危険な状態

なので、ぢぢさんが回送
P9220072-2.jpg
2艇同時!すごい!!


P9220081-2.jpg
橋の下はこんな感じ

先週と比べてもだいぶ下がったかな。


P9220091-2.jpg
橋のたもとで再乗艇してリスタート






P9220086-2.jpg
水位は依然高いけど、

清流度は元に戻ってきてました。


P9220117-2.jpg 
鏡の間で小休止


P9220111-2.jpg
 ここも一時は濁流が流れ込んでたらしいけど

ここまで透明になりました。


 
P9220123-2.jpg
ここは鏡の間の奥

平常時は陸地の部分

いかに水位が上がっているのかがわかりますね。



さらに下流では・・・

P9220138-2.jpg
 普段は入っていけない森の中をプチ探検


P9220145-2.jpg
ヨシの上をカヌーで通るなんて

そうそう経験できることではありません。


P9220146-2.jpg



キラキラの源流部_7007-2



P9220140-2.jpg
狭い木々の間を抜けていくのも楽しい


楽しいけれども・・・

今回の連続台風は北海道に多大な被害をもたらしてもいる。

それを考えるとこの状況を手放しで喜んでもいられない。


次にここに入れるようになるのは

50年後?100年後?

それとも数年後?

出来れば、今回が最後となることを願うばかりです。




カヌーの後は前回のキャンプでお気に入りになった

桜が丘オートキャンプ場に移動

散策路散歩でお留守番だったコスリゲのガス抜き



最後にみんなで記念撮影
P9220194-2.jpg


楽しい秋分の日でした。
 



近場でまったりキャンプ

Posted by シマリスのほっぺ on

気が付けばめっきり秋の気配

9月15日は中秋の名月

日中はずっと雨が降ったりやんだりの生憎の天気

お月見は無理だと諦めていたけど・・・

P9158289-2.jpg
日没直後に奇跡的な晴れ間

辛うじてお月見が出来ました。



十五夜は15日だったけど・・・

満月は17日

シルバーウィーク3連休の初日


ムーンライトカヌーを狙って

ごえこま家を誘って屈斜路湖に行ってきました。


が・・・

肝心のお月さんは厚い雲の中

さらに、湖面はバッチャバチャの大荒れ状態

こんな状態でムーンライトカヌー&キャンプなんてしても

苦痛なだけで楽しくない!


と、いうわけで・・・

とっとと屈斜路湖を後にして

近くの弟子屈町にある

『桜が丘森林公園オートキャン場』

に移動しました。


このキャンプ場、行くのは2回目だけど

相変わらずのガラガラ状態

P9188331-2.jpg


P9188334-2.jpg
綺麗に手入れされた広大な芝生のオートサイトは無人

3連休なのに・・・

ちなみにオートサイトは電源・水道なしで2,160円

電源・水道付きなら4,320円

ん、ちょっとお高いかな・・・




P9188329-2.jpg


P9188332-2.jpg
ウチらが泊まったのは

1泊540円のフリーサイト



P9188317-2.jpg
駐車場の隅に止めたトレの横にタープを張れば

立派なオートサイト状態


P9188326-2.jpg
しかも、駐車場はほぼ真っ平だったので

水平出しもラ~クラク



P9188311-2.jpg
周りに人がいないので

ワンコたちもリラックス



土曜日の夜に到着して・・・

次の日、やっぱり天気はイマイチ

カヌーをやりに行く気力も起きず

キャンプ場でのんびり、まったり


キャンプ場の奥が1.5㎞の散策路になっていたので

ワンコを連れて行ってきました。


P9188352-2.jpg
当然ここにも人はいません。


P9188353-2.jpg
思いっきり走って気持ちよさそう。


P9188371-2.jpg
時には、笹薮の中へ・・・


P9188388-2.jpg
夕方からは雨が降ってきたので

ワンコ用タープを増設



P9188390-2.jpg


P9188392-2.jpg
焼き鳥とサンマの簡単BBQ



3連休の最終日も散策路へ

P9198394-2.jpg
こんな立て看板もあるけど・・・


P9198411-2.jpg


P9198425 (1)-2


P9198426 (1)-2


P9198431 (1)-2
こまちはごえにぴったり寄り添って

フリー散歩も全く心配いりませんでした。


P9198461 (1)-2
呼び戻しもバッチリだったもんね。



P9198464-2.jpg


P9198466-2.jpg


カヌーはできなかったけど、

楽しい穴場の遊び場発見

それなりに楽しめた3連休でした。

大増水の屈斜路湖

Posted by シマリスのほっぺ on

立て続けに北海道に襲来した4つの台風

北海道の農業や交通網は甚大なる被害を被りました。

被害総額2400億以上、

大動脈の日勝峠は壊滅状態で

完全復旧までには相当な年月がかかりそう。



幸い、コスリゲ地方はほとんど被害はなかったのですが、

十勝地方のワン友さんの中には一時避難をされたり

今なお断水の被害を被っている人もいる状況です。




そんな中ではありますが・・・

屈斜路湖に行ってきました。




家を出てしばらく走ってると・・・

P9110001-2.jpg
赤いカヌーを積んだ車がバックミラーに映りました


見覚えのあるHVエスティマ
P9110006-2-1.jpg

実は、同じ町内に住むトレ友のシゲさんが

カナディアンカヌーを購入したとのことで

「ご一緒しましょう!」

と、お誘いしたのでした。



和琴半島の駐車場に着くと

山向こうの町に在住のトレ牽きのゆた吉さんもお待ちかねでした。

ゆた吉さんとは初対面でしたが、

TMLでの繋がりから、このブログを見ていただいていたそうです。

ゆた吉さんもカナディアンカヌーの購入を目論んでおられるそうで

しばし、カヌー談義



そして、ワンコ談義

P9110020-2.jpg
シゲさんちのMDあられちゃん

ゆた吉さんちのみるくちゃんと一護ちゃん
(2頭合わせて、いちごみるく)


P9110018-2.jpg
みんなでワラワラ、キャンキャン、ギャンギャン



さてさて、肝心のカヌーですが・・・

天気はとっても良かったものの・・・

思いのほか風が強く

湖面は白波の立つ大荒れ状態

これでは、とてもカヌーどころではありません。




残念ながら、早々に解散になってしまいました。



解散してから周りの状況視察に出かけました。

P9110027-2.jpg
 駐車場から湖までの通路も冠水状態


P9110033-2.jpg
この状態ではカナディアンなんてひとたまりもないでしょう。


P9110038-2.jpg
コスリゲ的には人がいなくて楽しかったようですがね。


P9110045-2.jpg
普段は砂浜の場所もこの水位


P9110048 (1)-2
右側の茂みの奥は露天風呂

増水によって湖と一体化しちゃってます。



P9110053-2.jpg
半島の反対側には流木の山


P9110055-2.jpg
湖畔沿いの通路はこの通り


P9110068-2.jpg
根こそぎ倒れた流木が何本もありました。


P9110067-2.jpg


P9110065-2.jpg
スゴイことになってるね。


P9110060-2.jpg
あんたは水さえあれば、なんでもいいんだね。


湖畔の木道を歩いていると・・・


P9110072-2.jpg
コスモが木道から外れて深みにドボン!

相当深かったようです。



P9110084-2.jpg
コタンでは湖岸がえぐられていました。



源流部の入り口、ちょうこ橋

平常時はこのように橋の下をくぐって行くのですが・・・
P7260050-2_201609112120047b5.jpg


P9110078-2.jpg
これではとてもくぐれませんね。

1m以上水位が上がっているようです。



屈斜路湖が巨大な水瓶の役割をしてくれているおかげで

釧路川は急激な水位上昇による氾濫を免れたようです。





 
この日は和琴の駐車場でもう一つの出会いがありました。

P9110013-2.jpg
リゲルの妹、ウランちゃん


P9110010-2.jpg
ほんとリゲルにそっくり


P9110011-2.jpg
ニコルちゃんもお元気そうで何より



ニコル・ウラン家はジェット仲間と遊びに来ていて

全く偶然の遭遇でビックリしました。



カヌーは出来なかったけど、

新しい出会い、うれしい再会があってとても楽しかったです。




後日談ですが、

シゲさん、ゆた吉さんとの話の中で

「カナディアンカヌーの素材であるロイヤレックスが

数年前に製造中止となり、

今では希少な在庫か中古でしか手に入らない。

中古も近年、値が上がってきている。」

という話をしていたところ・・・

ゆた吉さん、その日のうちに釧路のショップから

唯一残っていたロイヤレックス製の中古艇を購入したそうです。

なんという行動力、決断力でしょう!!



カヌー仲間が増えてうれしい限りです。

P9110014-2.jpg

周りの木々の紅葉も始まりました。

紅葉カヌーが楽しみです。



2016年夏・道北の旅~最終回~

Posted by シマリスのほっぺ on

ようやく最終回にたどり着きました。

気が付けば、旅を終えてまもなく1ヶ月

朝晩はめっきり寒くなってきました。




おおむね天気に恵まれてきた道北の旅でしたが、

最後に大雨に当たってしまいました。



最後のお宿は

「紋別海洋公園イベント広場」
P8170879-2.jpg


P8170880-2.jpg


P8170881-2.jpg
一見、ただの駐車場にしか見えないけど


P8170884-2.jpg
キャンピングカーや車中泊を対象とした

いわばRVパークのようなところ



P8170885-2.jpg
なんと、指定された時間・場所に持ち込めば

ゴミも回収してくれちゃいます。

初山別の1泊3000円のキャンプ場ですら

ゴミは持ち帰りだったのに

これはとてもありがたいです。



P8170888-2.jpg
トイレはとっても綺麗でした。



P8170896-2.jpg
トイレの横には流しも完備

ただ、大雨だっただけに屋根が付いててほしかった。



P8170900-2.jpg
この芝生のエリアにはテント・タープも設営可能

さすがに大雨で設営してる人はいなかったけど、

すぐ前に車、トレを停めればすごく使い勝手がよさそうです。



受付方法がこれまたユニーク
P8170882-2.jpg


P8170883-2.jpg
ガチャガチャで自動受付

カプセルの中のリボンをテントやキャンカーにくくり付ければ完了



で、気になるお値段ですが・・・

上の写真にもあるように400円

ただ、この400円、1泊の料金ではなく

1年間(年内?年度内?)有効なのです。

紋別市さん、太っ腹~!!




ここは、町からも近いので

長期滞在者を誘致して、食事や買い物、観光等で

市にお金を落としてもらえれば

市にとってもメリットがあるということなのでしょうね。



というわけで、ウチらも夜は街に繰り出して・・・

P8160877-2.jpg


P8160878-2.jpg
最後の晩餐を堪能してまいりました。

カニかに蟹



イベント広場に隣接して
P8170898-2.jpg
BBQコーナーもあり、こちらも無料で利用可。

街のスーパーでオホーツクの食材を買って

ここでBBQするのもいいでしょうね。




P8170889-2.jpg
こういうところがもっとあちこちに出来てくれるといいですね。

そのためには、利用者がルールとマナーを守ることが

とても重要になるのでしょう。





そして、ワンコ連れには更なるお得情報

イベント広場から2~3キロ離れた

「オホーツク流氷公園」にあるドッグラン

P8178213-2.jpg
こちらも無料

しかも、アジリティ器具もいっぱい
(アジリティエリアは大型犬と小型犬で隔日入替制)



ここも楽しみにしていたけど・・・

土砂降りの中、遊ぶわけにもいかず・・・(-_-メ)

次回の楽しみに残しておきました。




これにて、道北の旅は終了です。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。