気ままに花鳥風月

気ままに花鳥風月

2頭のわんぱくワンコ、コスモとリゲルを従えて今日も楽しく過ごしましょう

スポンサーサイト

Posted by シマリスのほっぺ on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シバレる海 ~知床・ウトロ編~

Posted by シマリスのほっぺ on


早いもので2月も最終日。

今年も1/6が過ぎてしまいました。

関東地方で積雪のあった今日、シマリス地方は久々のプラス気温。

プラスと言っても3℃程度なので内地の人にとっては十分寒い気温なんでしょうね。

でも、連日の真冬日に慣れきった体には汗ばむほどのポカポカ陽気。

雪解けもようやく始まったようです。

このまま一気に春が来てくれるとうれしいんだけど、

残念ながらそんなに甘くないんだろうな・・・。






今朝の日の出。

初日の出と比べると昇ってくる位置もだいぶ変わってきました。
  http://blogs.yahoo.co.jp/chipmunk_cheek1963/7720169.html

日の出時間も約一時間早くなりました。


まだまだ深い雪に埋もれたシマリスガーデンです。






おかげさまで、術後の経過もすこぶる良好で

傷跡もニャンコに引っ掻かれた跡と見分けがつかないくらいになり、

退院当初は下っ腹に力を入れたり、くしゃみをすると痛かったのも

徐々に治まってきて、今ではほとんど気にならなくなりました。

まだ激しい運動とかは控えないといけないのでしょうけど、

天気のいい休日に家に閉じこもっているのも精神衛生上よくないので、

ちょっくら気晴らしに知床・ウトロまでドライブに行ってきました。









見渡す限りの流氷

知床の豊かな自然の象徴です。

何度見てもそのスケールの大きさに圧倒されます。






ウトロの手前にある通称『亀岩』

カメ?う~む・・・カメにも見えるけど・・・

でっかい「ガマガエル」にも見えません?

それとも「ジャバ・ザ・ハット」?


スポンサーサイト

入院リポート最終回

Posted by シマリスのほっぺ on

今朝の回診で明日の退院の許可が下りました。\(^o^)/

やっとシャバに出られます。

個室生活はそこそこ快適だったので

あと2~3日居たい気もしないではないけど・・・

出前が取れて、飲酒も出来れば間違いなく退院を伸ばしたことでしょう。(^_^メ)

でも、この食事じゃ・・・ねぇ。


朝食 569Kcal


昼食 741Kcal


ラストディナー 597Kcal

明日のビールは美味しいだろうな。(^^♪


最後になりましたが、

皆様からの数多くの応援・お見舞いのコメント、メッセージを頂き、大変感謝しております。

本当にありがとうございました。m(__)m

無事生還しました。

Posted by シマリスのほっぺ on

そけいヘルニア手術から無事生還しました。\(^o^)/

もっと楽勝かと思っていたけど

やっぱり手術は手術ですね。(~_~)

予想以上にヘロヘロ状態に陥っていました。

今日の昼ごろからようやく動けるようになり

今は点滴や尿の管も外されて身軽になりました。(^.^)

食事も完食。

とりあえず元気です。(^^♪


抗生物質の点滴。これが最後になりました。


今日の夕食。昨日は何も食べてないので何でもおいしく感じました。(^_^メ)

ちょっとリッチな入院生活

Posted by シマリスのほっぺ on

予定通り本日入院

朝の10時に受付、麻酔科の受診を済ませ

いよいよ病室へ。

めったにないことだからとカミさんから個室利用の許可が出たため、

一日の差額が3150円の個室を希望したところ満室とのこと。

ところが、差額9450円の特別室なら空いているので

そこに個室料金3150円で入れてくれるという。

超ラッキー\(^o^)/





さて、明日はいよいよ手術。

がんばってきま~す。

そけいヘルニアとスノーシュー

Posted by シマリスのほっぺ on


私事で恐縮ですが・・・

この度、入院&手術
をすることになりました。


なんてことを言うとすごく大事のように聞こえますが、

大したことはありません。


病名は「そけいヘルニア」といってもピンとこないでしょう。

いわゆる「脱腸」ってやつです。



そういえば今朝のニュースで玉置浩二も脱腸の手術をしたって言ってたなぁ。



去年の11月くらいから下腹部にポッコリしこりが出てきて・・・



特に痛みがあるわけではなく、

日常生活には何の支障もありません。



でも、治療は手術するしかないんだって。

あわてて手術する必要もないらしいのですが、

たま~~に悪化して緊急手術を要することもあり得るらしいので、

仕事の比較的余裕のあるこの時期に手術することにしました。



9日に入院、10日に手術、13日には退院予定です。

ね、大したことないでしょ。

都会では日帰り手術も選択できる簡単な手術だそうです。



と、いうわけで、しばらく訪問&リコメが滞ることが予想されますので

予めご了承くださいませ。






たとえ簡単な手術とはいえ、

術後はしばらく大人しくしている必要があるので

術前に遊びに行っちゃいました。









ここは、屈斜路湖の外輪山の1つ、藻琴山


足跡一つないまっさらな雪原をスノーシュー履いてハイキング。





これが、スノーシュー、西洋かんじきってやつです。

これがあれば、どんなに深い積雪地帯でもサクサク歩いて行くことができます。

夏には決まった登山道しか歩けない山も

どこを歩こうが気の赴くまま。



歩いたところが道になります。







 




ゆっくりのんびり、写真を撮りながら約2時間で山頂に到着。

眼下には360度の大パノラマが広がってました。




まずは、屈斜路湖

どこかに御神渡ができてないか目を凝らしたけど、

さすがにここからでは確認できませんでした。


右側後方には雄阿寒岳が見えます。





左側にパーンして、斜里岳~知床方面

残念ながら山の方は雲がかかってて薄ぼんやりしか見えませんでした。

手前の稜線が今歩いてきた道。

尾根の右側と左側では植生が全然違うんですね。






さらに左にパーン。

小清水(原生花園のあるところ)あたりでしょうか。

オホーツク海には流氷の白い帯が広っがっていました。

寒さで手の感覚が薄れる状態で撮ってたらいつの間にか設定が変わってて暗い写真になっちゃった。







360度のパノラマもさることながら

冬の藻琴山にはもう一つ楽しみがあります。

それがこの「樹氷群」














鮮やかな青空と純白の樹氷・・・

自然の創り出す造形美にはいつもながら言葉にならない感動を覚えます。




冷え切った体を
川湯温泉
でポカポカに温め直し、


上から見えた流氷を見ようと野上峠を越えてオホーツク海へ・・・


ところが・・・

あれ?流氷は?どこいっちゃった??



上から見た時は、あんなにはっきり見えていたのに、

僅かな時間で沖の方へ流れて行ったようです。



流氷に最も近い駅「北浜駅」

せっかく斜里岳がよく見えるようになったのに

肝心の流氷がなければつまんない。





流氷を求めて、斜里町方面へ移動。

途中、素晴らしい景色に出会えました。







さらに車を進めて・・・

斜里町峰浜地区でようやく流氷に会えました。





タッチの差で夕日には間に合わなかったけど、

夕暮れの流氷も素敵でした。

ちなみに左に写ってる山が藻琴山です。(たぶん・・・)



適度な運動

をして、きれいな景色
を見て、温泉
入って

最後に流氷も見れて・・・

ちょっと疲れたけど、最高の休日でした。



あとは大人しく、入院生活に入ります。




ちょっと長くなってしまいました。
最後までご覧いただきありがとうございました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。