気ままに花鳥風月

気ままに花鳥風月

2頭のわんぱくワンコ、コスモとリゲルを従えて今日も楽しく過ごしましょう

スポンサーサイト

Posted by シマリスのほっぺ on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

釧路湿原カヌー下り

Posted by シマリスのほっぺ on



先日の週末は夏日がシマリス地方に戻ってきました。

先週、ストーブを点けたとはとても信じられません。

そしてこの土日は義父が7年ぶりに北海道に遊びに来ていました。



土曜日には釧路湿原のカヌー下りに挑戦です。

前日に出ていた大雨警報が嘘のような抜けるような快晴



こんな気持ちのいい天気はお盆以来2週間ぶりです。




スタート地点の塘路湖

ここで簡単なレクチャーを受けていざ水面へ。




雲一つない快晴、無風、前日の大雨で澄んだ空気・・・

奥に見える阿寒富士の姿が湖面に映って見えるのはめったにないそうです。





まるで鏡のような湖面を滑るようにカヌーは進んでいきます。

先頭は義父、真ん中にいるのが本邦初公開・うちのカミさん

後ろに乗っているのが僕・・・ではなくてガイドの平塚さん。

僕は別艇に平塚さんの奥さんと一緒に乗っています。






湖面でカヌーの操作に慣れたらいよいよ釧路川へ

今年の夏はずっと雨が降らなかったので

釧路川も今までにないくらいの渇水状態で

カヌーでの川下りも苦労したそうですが、

ここ数日の大雨で水位も平常の7~8割くらいまでは回復したそうです。

(その代り、水はちょっと濁ってましたが・・・)

右に左に蛇行するゆったりした流れの中を

時折流れる風になびく木々の音や、

小鳥のさえずりに耳を傾けながら

のんびりとカヌーは進んでいきます。

途中コーヒーブレイクを挟んで

約9km、2時間半の川下りでした。






文句のつけようのない天気と川の状態、

楽しいガイドとのおしゃべり。

すべてが最高でした。


ただ一つの事項を除いては・・・・

それは・・・

実は・・・

カヌーに乗る前、駐車場でライフジャケットを着ようとしていた時

手に持っていたカメラがするりと手から離れて

路面に激突





あ、カメラと言っても一眼ではなく、以前使ってたコンデジの方。

さすがにカヌーに乗るのに一眼はリスクが高すぎるので

今回はコンデジを持って行きました。

で、あわてて取り上げて起動してみたら、
ちゃんと動いた。
ホッ

気を取り直して、カヌー下りを楽しんでいました。



と・こ・ろ・が・・・・

カヌー下りが中盤に差し掛かったころ、

突然カメラが起動しなくなった。

ガ~~~ン

電源は入るものの、レンズが動かない。




なんてこった。


一眼でなかったのがせめてもの救いだけど・・・

まだまだ使えるカメラだったのに・・・






と、いうわけでカヌーの写真は上の数枚だけとなりました。





帰りに「多和平展望台」へ立ち寄りました。

この展望台は“水平線が見える展望台”というキャッチコピーがあります。




看板に偽りなし。

見事な水平線が広がります。




正面に見えているのは雄阿寒岳

その左側に雌阿寒岳と阿寒富士も見えています。





左側に見えるのが、摩周湖のあるカムイヌプリ(神の山)

右側に広がっているのが知床連山



アクシデントはあったものの

本当にすばらしい一日でした。







♪本日のおまけ♪




後列左から カイ・クー・リク

手前の白いのがユキじぃ(もうすぐ二十歳)



僕の食べてる魚
を狙って集まってきました。


スポンサーサイト

石窯ピザ

Posted by シマリスのほっぺ on

このところず~~~っと
が降ってます。

お盆の後半からほとんど
を拝んでません。

昨日少し青空が広がったけど、今日はまた一日ずっと


ウォーキング
も全然行ってません。







♪今回は、我が家の石窯をご紹介いたします♪


数年前にキットで購入した石窯。

素人の手作りなので早くも崩壊寸前。



もっと本格的なのを作り直したいけど、

とりあえずパンやピザを焼く分には支障はないので

完全に崩壊するまではこのままかな?



《まずは窯の中で薪を燃やします




これがシマリス家自慢(?)の石窯

アーチ部が下にずれちゃってます。

これ以上下がらいようにバンドで締め付けてるけど

年々少しづつ下がってるような気がします。




《徐々に薪を太くしていき窯の温度を上げます》


1時間ほど焚き続けていると

最初ススで真っ黒だった天井が

温度の上昇とともにススが燃えて消えてきます。

こうなると炉内の温度は200~300度。




《いよいよピザの投入です》





おき火を端に寄せて空いたスペースにピザを投入。

みるみる生地が膨らんでいきます。

この瞬間が一番楽しいです。






ものの数分でこの状態

手前と奥では焼け方に差ができるので

途中で半回転させます。




《石窯ピザの完成で~す









周りはカリカリ、中はしっとりモチモチ


焦げているのはご愛嬌





鳥のさえずりを聞きながら

デッキで食べる石窯ピザはまさに絶品。

一度この味を知ったら

宅配ピザは食べる気になりません。


(宅配ピザの関係者の方が見ていたらごめんなさい)




明日からカミさんの親父さんが7年ぶりに遊びに来られます。

リコメ、ご訪問が滞ると思われますので

ご了承くださいませ。



野の花~その2~

Posted by シマリスのほっぺ on

先日ホームセンターに行ったら

キャンプ・バーベキューコーナーが撤去されて

ストーブ用品が陳列されていました。

まだ8月なのにもうストーブ?いくらなんでも早いだろう。

って思っていたら、昨日家に帰るとストーブが点いてました。







今回も野の花の紹介です。

















「クルマユリ」? 「オニユリ」?

どっちだろ????











「セイヨウオニアザミ」

このアザミにはいつも蝶や蜂が停まっています。

よっぽどおいしい蜜なんでしょうね。

花は鮮やかなピンク色で綺麗なんだけど、針のような棘が無数にあり

不用意に近づくととっても痛い思いをします。










「ハナガサギク」

前回紹介したオオハンゴウソウと同じく北アメリカ原産の帰化植物で

別名「ヤエザキハンゴウソウ」とも言うそうです。

こちらも道路脇のあちこちに群落を形成しています。






♪本日のおまけ♪



前回の記事に頂いたコメントで道路が真っ直ぐだと言う記述が

何件か寄せられておりまして・・・

別に間違ってはいないのですが・・・

北海道、特にシマリス地方の直線道路はあんなもんじゃありません。

というわけで、

これこそが道東名物
「ジェットコースターの道」で~す。






ここの直線は4~5kmはあると思います。

直線なのもすごいけど車が1台も映ってないのがまたすごいでしょ。


ウォーキングと野の花

Posted by シマリスのほっぺ on

お盆が過ぎたら北海道は秋
・・・とは言うけど・・・

こんなに急激に涼しくならなくてもいいのではないでしょうか。

今日で3日連続20度以下の日が続いています。


夜は15度くらいまで落ち込みます。

早くも長い長い冬の到来を予感させ、ちょっと憂鬱になってしまいます。







きょうは、普段は夜にやっているウォーキング


まだ日のあるうちにやってきました。


せっかく明るいうちに行くのでカメラ

も持っていきました。

いつもどんなところを歩いているかと言えば・・・



こんなとこ



ここが、夜になったらどうなるか・・・




道路脇にはこんな林のところも・・・

今にもクマが出てきそう




道路脇にはいろいろな野の花が咲いています。

いつもは車で一瞬で通り過ぎるか

真っ暗な中でのウォーキングなので

ほとんどゆっくり見ることができませんでした。









「オオハンゴウソウ」


僕の大好きな野草♪

この時期、あちこちで見かけるけど

ここまでの群落はあまり見かけません。








   
「エゾヤマハギ」(蝦夷山萩)

秋の到来を告げる萩も気が付けばこんなに満開になっていました。






「ヤナギラン」

柳でも蘭でもない柳蘭

この花をまじまじと見たのは初めてでした。





「ツリガネニンジン」・・・かな?








「オオアワダチソウ」・・・かな?







「ナミキソウ」 (ゆうこさん、教えてくれてありがとう)



いつもは30分くらいのウォーキングが

今日は1時間以上かかってました。







♪本日のおまけ♪



ウォーキング中に出会ったノラ(?)にゃんこ





夏のシマリスガーデン

Posted by シマリスのほっぺ on

シマリス地方には珍しい真夏日交じりの暑さもようやく過ぎ去り

本来の涼しい気候が戻ってきました。

昨日は今年初めてトンボを見かけました。

もうしばらくしたら秋風が吹き始めることでしょう。





シマリスガーデンの花たちも短い夏を惜しむかのように

あちこちで咲き乱れています。










「アストランティア・マヨール」

小さい花が玉のように咲く様子はまるで花火のよう。

もう1ヶ月以上咲いている花期の長さも魅力的。





「カンパニュラ・プンクタータ・パルタルーン」

「ウェディングベル」より遅れること約1ヶ月。

数は圧倒的に少ないもののちゃんとこっちも育っていました。








「ギボウシ」2種




「リシマキア・ファイヤー・クラッカー」

リーフプランツ達だって葉っぱばかりじゃありません。

こんなに素敵な花を咲かせるのです。


http://blogs.yahoo.co.jp/chipmunk_cheek1963/4825834.html









左:「スナップエンドウ」   右:「インゲン」

ポタジェのマメたちも可愛い花を咲かせています。




さて、お待ちかね(?)の答え合せの時間です。

もう一度問題を確認しておきましょう。




「この植物は何でしょう?」


答えは、もう皆さんお解かりですよね。









そう、夏になくてはならないビールの原料

「麦」

・・・じゃなくって・・・




「ホップ」 で~す。






こ~んなにいっぱい生るんだけど・・・、

観賞以外に利用方法がないのがとっても残念。





♪本日のおまけ♪

昨日の収穫



♪色とりどりの夏野菜たち♪






もう一つ、報告するのを忘れてました。

「カリッコリー」





お味は・・・・

普通に、カリフラワーでした。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。