気ままに花鳥風月

気ままに花鳥風月

2頭のわんぱくワンコ、コスモとリゲルを従えて今日も楽しく過ごしましょう

スポンサーサイト

Posted by シマリスのほっぺ on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とんでもないもの拾っちゃったよ・・・どうしよ、これ・・・

Posted by シマリスのほっぺ on

実は、1か月ほど前から運動不足を少しでも解消しようと

夕食後、30分だけウォーキング
をしています。

30分くらいじゃ何の効果もないとは思うものの、

何もしないよりはマシだと自分に言い聞かせ・・・



というわけで、昨日も真っ暗闇に向かって歩き出した。


10分ほど歩いたところで・・・とんでもないモノ
を見つけてしまった。

拾うべきか・・・そのまま置いておくか・・・決断までにさほど時間は要しなかった。

ウォーキングはそこで中断、急いで家に引き返しました。






で、拾ってきたとんでもないモノとは・・・・











暗闇の中から、かすかな鳴き声・・・子猫?と思って声のするほうにライトを向けると・・・

浮かび上がってきたのは、なんと、生後間もない子犬。子犬というより胎児・・・いや、胎犬。


目も開いてなければ、へその緒までついたまま・・・、しかも、手足からは出血


そこは、周りに民家も何もない真っ暗闇の道路端。

なんでこんなところに?

野良犬が産み落とした?  それとも・・・・誰かがここに捨ててった?




時間は夜9時。 ニャンコかかりつけの動物病院に
するも当然留守電。

電話帳に載ってる動物病院に片っ端から
  10件目くらいでようやく繋がった。

事情を話すと、とにかく温めろ、とのこと。 何よりもまず体温の維持が最優先。

タオルで包む位じゃ不十分、湯たんぽ(なければお湯を入れたペットボトルでも可)と一緒に

段ボールに入れなさいとの指示。 




即席湯たんぽの温もりを母親と思っているのか、身を摺り寄せて寝ちゃいました。



体温が維持できたら、次はミルク。

これも人間用の牛乳ではお腹を壊すので子犬用のミルクを温めて与えるのがベスト。

そんなもの、ウチにあるはずもなく・・・

本当は運転してはいけない状態(これ以上はここでは書けません
)なんだけど

命に係わる一大事、そんなことは言ってられません。


に見つからないことを祈りつつ・・・町内唯一の深夜営業しているスーパーへ



なんとか無事子犬用ミルクと子犬用哺乳瓶をゲット






両手で宙をフミフミしつつチュパチュパ飲んでくれました。




授乳は3時間おきにしろとの事・・・ へ?マジ?夜中も?  こりゃ大変だぁ。




なんとか夜中の授乳もクリアし、翌朝。

とりあえず危機的状況は脱したようだ。

こうなると心配なのが手足のケガ。

カラスか何かにつつかれたのか、片手と両足のいわゆる手の平部分がえぐられている。


しかも片足は骨まで見えている・・・




これはほっとくわけにはいきません。

動物病院に連れて行って見せたところ、”緊急手術”ってほどでもないけど縫合しましょうってことに。

時間がかかるのでいったん帰宅し、数時間後受け取りに・・・



大丈夫だと思ってた片手も少し怪我してたらしく、両手両足に包帯が・・・










やれることはやった。 あとはこの子の生命力しだい。

先生曰く、「結構元気だし食欲もあるようだからきっと大丈夫でしょう」


気休めでも、そう言ってもらえるとうれしい。

だって、ネット見てたらいろいろ不安になることがいっぱい書いてあるし・・・








  



みんな思わぬ珍客に興味津々・・・。





  ダメだよ、いじめちゃ。





さて、緊急の課題はなんとかなった。


でも・・・、この先どうする?


とりあえず里親探しするけど、狭いコミュニティだし、手足の障害もどこまで改善するかわかんないし、

里親が見つかる可能性は低い気がする・・・。


見つからなければウチで飼うしかないか・・・



誰か~、この子の里親になって~~~

スポンサーサイト

野生動物

Posted by シマリスのほっぺ on

シマリス地方には野生動物がたくさん生息しています。

仕事で外回りしているだけでもほぼ毎日のように見かけることができます。




『キタキツネ』

観光客への人気No.1はこのキタキツネでしょうか。





この写真は数年前にどこかの観光地で撮ったもの。

観光地にはよく人馴れしたキタキツネがいて

エサをねだりに寄ってくる事があります。

かわいいですねぇ。
 つい触りたくなっちゃいますねぇ。




ダメッ!!!

絶対にキタキツネを触っちゃダメですよ!


キタキツネにはエキノコックスという寄生虫がいることが多く

人に感染すると重篤な肝機能障害を引き起こすのです。





『エゾシカ』

これも、観光客に人気がありますね。

でも、数が増えすぎて農作物や森林への食害が増加し、

年間の被害額は40億を超えることもあるそうです。









最近は、このような若いオスの群れをよく見かけます。

道路に出てくることも多く、交通事故



の原因になることも多いので

皆さん北海道へ来られた時は十分に注意してくださいね。

かく言う僕も一度ぶつかっちゃった経験があります。






『タンチョウヅル』

これはどんどん増えてほしいですね。

国の特別天然記念物に指定されていて

近年徐々に生息数も増加しているようですね。













シマリス家の近くにも営巣地があるらしく、

庭にいると真上を飛んでいくことがあります。







そして・・・北海道の野生動物といえば・・・

この方を忘れるわけにはいきませんね。




『ヒグマ』






もちろん、まだお見かけしたことはありません。


できれば一生お会いしたくありません。

お会いした時点で一生が終わっちゃうかも知れないですからね。






姿を見たことはありませんが、

このような立看板はよく見かけます。

民家から数十mのところに立っているのも見たことがあります。









いろいろと問題もありますが、

人間の都合だけで迷惑だからと排除するのはエゴ以外の何ものでもありません。

彼らが生息できる貴重な環境を大切にしつつ、

うまく共存する方法を探ることこそ、

我々人類に課せられた使命ではないでしょうか。

つるバラ『アンジェラ』とトロリウス

Posted by シマリスのほっぺ on

シマリス地方にもようやく夏がやってきました。


夏と言っても最高気温は30度まで行かず

夜も窓を開けて寝たら風邪をひきます。


シマリス家にはエアコンはありません。

扇風機が1台ありますが、今年はまだ使ってません。


どう?羨ましいでしょ?



・・・・・・・・・・

え?そこまで寒いと嫌だって?


はい、ごもっとも。







気温は低くても夏は夏・・・

待ちに待ったバラ
がようやく満開になりました。





つるバラ『アンジェラ』







右下に鎮座しているのはシマリスガーデンの守り神
「ファルコン様」
















とにかくこのバラはよく咲きます。

小中輪の半八重カップ咲きで、ゴージャス感にはやや欠けますが

花数が多いので見応えは十分です。






このアンジェラを含めてシマリスガーデンには3種のバラがあるのですが、

冬囲いが不十分でそのすべてが凍害にあってしまい、

このアンジェラも3分の1くらいまで切り戻しを余儀なくされました。


なので、ちゃんと育ってくれるかとても心配でしたが、

ここまで育ってくれて本当にうれしいです。



凍害に遭わなければきっとアーチのてっぺんまで覆ってたんだろうけど、

それは来年への楽しみにとっておきます。






それと、もう一つ

この時期のシマリスガーデンを華やかにしてくれるのが

『トロリウス』









鮮やかなビタミンカラーが爽やかさを運んで来てくれます。

中央の冠状の花弁が印象的で、和名は「カンムリキンバイ」


花言葉は「変わらぬ愛情」




涼しさのおすそ分け

Posted by シマリスのほっぺ on

この時期、北海道はどこに行っても絵になります。



先日の女子W杯

決勝の日のドライブ
でのひとコマ








見渡す限りのジャガイモ畑







これは何畑だろう?






濤沸(とうふつ)湖畔のエゾスカシユリの群生地









ここは、個人の庭。
あまりにもきれいだったので写真を撮らせてもらいました。





ワッカ原生花園にて



ムシャリンドウ
リンドウと名が付くがリンドウ科ではなくシソ科だそうです。




エゾスカシユリ




ハマフウロ



この日は雲もいい表情をしてました。








今のシマリス地方は蝦夷梅雨は明けた(?)ものの

気温が上がらず、日中でも20度以下。低温注意報が出るほどです。

夜は半そででは寒いくらい。



猛暑に苦しむ皆様には申し訳ありませんが、

もう少し暑くなってほしいものです。





北海道の風景で皆様に少しでも涼しさをお届けできれば幸いです。






ポタジェ~potager~花壇と畑の融合

Posted by シマリスのほっぺ on

ポタジェ(potager):家庭菜園を意味するフランス語であり、果樹、野菜、ハーブ、草花などを混植した実用と鑑賞を兼ね備えた庭である。(Wikipediaより)



春に作ったブドウ棚の周りをポタジェにしてみた。


植えつけたのは

レタス、サンチェ、水菜、ブロッコリー、

スティックセニョール、カリッコリー

インゲン、スナップエンドウ、枝豆

周りにはコンパニオンプランツとして名高いマリーゴールド



植え付け直後(6/19)









ポタジェの主役のブドウ『ナイアガラ』

カミさんの職場の方から頂いた苗、

予想以上の大苗を頂きました。\(^o^)/




  

こちらは5/28に植え付け完了
  









早くもかわいい芽が開いてました。






7/2の画像


苗も育ってきたけど、それ以上に雑草が・・・(>_<)





 前面のトレリスに絡めたハニーサックル

小株ながらもしっかり花を咲かせてくれました。



数年後にはこのハニーサックルが

棚全体をオレンジ色に染めてくれる予定。(^_^メ)






そして、いよいよ第1次収穫の時期がやってきました。\(^o^)/



ブロッコリー





スティックセニョール(茎ブロッコリー)




カリッコリー
なんだこれ?食べられるの?



レタス



路地植えで、しかも植え付け後に霜が降りたりで、

ちょっとやばいかなと思ったけど・・・

よくぞここまで育ってくれました。
(^^♪






収穫は来年以降かと思っていたブドウも

こんなちっちゃな実が付いています。

これは・・・もしかしたら収穫できるのかな?ムフフ\(^o^)/





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。