気ままに花鳥風月

気ままに花鳥風月

2頭のわんぱくワンコ、コスモとリゲルを従えて今日も楽しく過ごしましょう

スポンサーサイト

Posted by シマリスのほっぺ on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にゃんにゃんにゃんでニャンコの日(=^・^=)

Posted by シマリスのほっぺ on

やっぱり今日はニャンコの日記を書くしかないですよね。(^^♪



改めて、我が家のニャンコたちをご紹介しま~す。




なんといっても筆頭はこの方。ユキじぃ
今年の9月で御歳20歳の老猫さんです。
ちっちゃい時はめっちゃかわいかったユキじぃも今じゃすっかり凶暴猫の仲間入り。(>_<)



家には山のようなユキじぃの写真があるけど、
会社のパソコンに入ってるのはこれしかなかった。
過去日記も見てね。




お次はクー
ノラ猫出身の彼女はウチの庭に遊びに来ているところを拾い上げました。
ノラ猫の割には人懐っこくて、今でもお客さんに愛想を振りまく
世渡り上手の八方美人ちゃん。






続いては、ショコラ
この子の前身は捨て猫。(>_<)
保健所に引き取られてて次の日には殺処分になるところを
縁あって引き取ってきました。
いまだに他の子たちとは打ち解けあえずに、ほとんど一人で過ごしています。





ん?なんか以前この子の特集日記を書くって言ったような気が・・・
いや、気のせいだよね。うんうん、そうだ、そうに違いない。
さ、次行こ、次・・・(^_^メ)




最後に、リク&カイ
この2匹は知り合いの農家さんちで生まれた子猫をもらってきました。
カイは、好奇心旺盛なやんちゃ坊主。
リクは、警戒心が強く、人間とは一定の距離を置くがカイやクーとはべったり。


                  左がリクで右がカイ






♪番外編♪
ウチの庭を縄張りとするノラ猫

にゃじら

いかにもノラ猫っぽいワイルドな目つき。
最近姿を見せないけど、元気でやってるかなぁ。







スポンサーサイト

戦場カメラマン

Posted by シマリスのほっぺ on

世界自然遺産に登録されている知床。
その知床の豊かな自然を根底から支えているのが
ロシアのアムール川からやってくる『流氷』です。

その流氷もここ数年は地球温暖化の影響か量・期間ともに減少傾向でした。
ところが今年は久々に多くの流氷がやってきています。
流氷が来ると空気が非常に冷たくなり気温以上に体感温度が下がるので
来ないほうがいいと言う人もいますが、僕としては決して嫌いではありません。

流氷観光船は網走の『オーロラ号』とか紋別の『ガリンコ号』が有名ですが、
もう一つ、羅臼からも『流氷クルージング』が行われています。
『オーロラ号』や『ガリンコ号』はどちらかというと団体客向けの大型船で
流氷そのものを見るためのツアーとなっています。
対して、羅臼のクルージングは定員数十名の小型船で個人客が多く、
流氷のみではなく、流氷にやってくる動物や鳥をウォッチングするツアーなのです。

数年前から気になっていたけど、なかなかタイミングが合わずに行けなかった。
今年こそ行こうと、天気予報、流氷情報とにらめっこしつつ、
先日の日曜日に行こうと決定。早速(と言っても前日)予約のTEL。
コースの中から9:00出港の1時間半、¥4000の『観光コース』をチョイスしたけど、
その日は最少催行人数(5人)に達していないので出航しないとのこと。(T_T)
ところが、3時間半\8000の『写真撮影コース』は出航するので
そっちでもよければ料金は¥4000のままでいいと言う。(^o^)
ただし、日の出ツアーなので出航時間は・・・AM5:30!
一蹴躊躇したけど、せっかくなのでOKしました。

当日は3時に起床、4時に家を出て、羅臼漁港目指して約1持間のミッドナイトドライブ。
20数名の客を乗せて定刻の5:30に暗黒の海へ出港。
15分くらいで流氷帯に到達。
サーチライトに照らされて、真っ白な流氷が浮かび上がりました。

時間の経過と共にだんだん東の空と海面がオレンジ色に染まり、
北方領土の国後島のシルエットもはっきりしてきました。
この日は特に朝焼けが綺麗だったそうです。\(^o^)/




いよいよ、夜明けの時間。
この頃になると、いつの間にか周りにはワシがいっぱい集まっていました。



ここに集まってくるのは、主にオオワシとオジロワシ。
共に大型の猛禽類で羽を広げると約2mにもなります。
夏場はロシアとか北方に生息し、冬になると流氷と共に南下して
ここで越冬するそうです。
まさかここまで間近で見られるとは思いませんでした。\(^o^)/

『写真撮影コース』なので、周りにいる人たちは当然一眼レフ使用。
しかもバズーカ砲のような望遠レンズを装着。2台使用の人も・・・。
シャッター音も連写モードで「カシャ・カシャ・カシャ・・・」と軽快な音を響かせています。
その横で僕は・・・一人コンパクトデジカメで、
シャッター音も単発で「ピピッ・・カシャン」となんとも頼りなさげ・・・
しかも、三脚を忘れるという痛恨のミス。(>_<)

それでも、わが愛機SONYのサイバーショットDSC-H50の最大15倍ズーム+手ぶれ補正機能を駆使して、撮りまくりました。
その数なんと284枚。バッテリー2個ほぼ使い切りました。
「下手な鉄砲も数打ちゃ当る作戦」ここに極まれり。(^o^)

でも、僕でこんだけ撮ったんだから、連写しまくってた人たちはいったい・・・



奥の白と黒のツートンがオオワシで、
手前のがオジロワシ(尾が白いのがわかるかな)。



オジロワシのバトル。
餌の取り合いでこのようなシーンがあちこちで見られます。



見よ!この鋭い爪・くちばし、そして強靭な筋肉。

5枚だけじゃあ納まりきれないので、Yahoo!フォトアルバムにもUPしました。
↓     ↓
http://album.yahoo.co.jp/photos/my/843950


さらに、動画もYouTubeにUPしましたので、こちらもご覧ください。
↓     ↓
http://www.youtube.com/watch?v=TOwZsX70NY8




いやぁ~、それにしても寒かった。
気温は-10度くらいだけど、流氷の海の上だから体感的には-20度くらい。
手袋してても手は凍傷寸前。
最後のほうは指先の感覚がなくなり、
シャッターやズームボタン押す力すらなくなっていた。

でも、早起きして、寒い思いをしただけの価値は十分ありました。
3月下旬頃になるとアザラシの出産シーズンで
真っ白なゴマちゃんも見られるらしいので、その頃また行きたいな。\(^o^)/


え?日記のタイトルの意味???
あれ・・・?  あっ!!!
変換間違えた!正しくは・・・


『船上カメラマン』でした。  ちゃんちゃん。m(__)m

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。