気ままに花鳥風月

気ままに花鳥風月

2頭のわんぱくワンコ、コスモとリゲルを従えて今日も楽しく過ごしましょう

スポンサーサイト

Posted by シマリスのほっぺ on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飛翔~take2・オオワシ

Posted by シマリスのほっぺ on

オジロワシもいいけど

やっぱり僕はオオワシが好き

白と黒のツートンボディはリゲルと一緒

大きく鮮やかなくちばしもカッコいい。




IMG_4265 (1)-1
斜面に居るオオワシを発見

ファインダーを覗くと同時にお尻が上がった・・・


と、次の瞬間

IMG_4266 (1)-1
TakeOff

雪の大地を蹴る爪の力強さもばっちり



IMG_4268 (1)-1
大きく羽ばたき・・・


IMG_4277 (1)-1
足を格納し・・・



IMG_4279 (1)-1
上昇気流を捕らえて・・・



IMG_4287 (1)-1
一気に上空へ



IMG_4291 (1)-1
カッコいい~~




実はこの日、飛んでるオオワシを見たのはこの一羽だけ。

そのワンチャンスをしっかり写真に収めることができて大満足

とってもラッキーでした。

(画像をクリックすると大きくなるよ)


にほんブログ村に参加しています。
ポチッとしていただけると嬉しいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト

飛翔~take1・オジロワシ

Posted by シマリスのほっぺ on


今回、行った時間が鷲の活動時間ではなかったため

見ることができた鷲の個体数はごく少数でした。

そんな中でも、とりあえず飛んでいる姿を捉えることができました~。



まずは、オジロワシ

 IMG_4417 (1)-1
羽根を広げて・・・



IMG_4419 (1)-1  
飛んだ~~



   IMG_4330 (1)-1
こちらはまた別の個体



IMG_4329 (1)-1  
電線が邪魔~~



  IMG_4325 (1)-1
尾が白いのがよくわかるでしょ。



飛んでる鳥の姿ってどうしてこんなに美しいんでしょう。


次回はオオワシ編で~す。


にほんブログ村に参加しています。
ポチッとしていただけると嬉しいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ

鷲の生る木

Posted by シマリスのほっぺ on

先日の羅臼・流氷ドライブ

「リゲルのお散歩デビュー」と「流氷見物」 そして、もう一つの目的がこちら・・・

『鷲ウォッチング』



毎年この時期になると、はるかシベリアから流氷とともに南下してくる

『オオワシ』『オジロワシ』

ともに大型の猛禽類で羽根を広げると2m以上になります。



できれば流氷の上に乗った鷲の写真を撮りたかったんだけど

そういう写真は朝夕のお食事タイムでないとダメなようで・・・

昼頃ノコノコ行っても鷲さんたちは森にお帰りになられているようでした。



それでも、漁港の近くの木の上には水揚げのおこぼれを狙うちゃっかり者がたむろってました。


IMG_4388-1.jpg


IMG_4384-1.jpg
(クリックすると少し大きくなります

周りに木はいっぱいあるのに、なぜか一本の木に集まってくることが多いです。

こちらはオオワシ

白と黒のツートンボディに鮮やかな黄色のくちばしが特徴的


IMG_4392 (1)-1


IMG_4409-1.jpg


IMG_4436 (1)-1
そしてこちらがオジロワシ

茶色ボディに白い尾っぽ、くちばしの黄色は少し薄め



ん?止まってる写真ばかりじゃつまんない?

ですよねぇ・・・

やっぱり鳥は飛んでいる姿こそが美しい。



というわけで、次回は飛翔シーンをお送りしま~す。



にほんブログ村に参加しています。
ポチッとしていただけると嬉しいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ

行く鳥、来る鳥

Posted by シマリスのほっぺ on


前回の記事でも書きましたが、

春国岱野鳥の楽園でもあるそうです。

中でも、アオサギはちょっとしたコロニーを形成していて

大型なので素人でも野鳥観察が楽しめます。

DSC00040 (1)-1-005

DSC00093 (1)-1-017

DSC00094 (1)-1-018

DSC00095 (1)-1-019

ここにいるアオサギは夏の間はここで繁殖し、

寒くなると本州の方へ行って越冬する渡り鳥(夏鳥)



もうすぐ、渡っていくんでしょうね。



DSC00036 (1)-1-001
アオサギと入れ替わるようにここにやってくるのが

ハクチョウ

ハクチョウは、夏季はシベリアなどに生息し、冬になると東北などで越冬する冬鳥

ここへは「行き」と「帰り」の中継地として多くの白鳥が集まり

多いときは数千羽にもなるそうで、

なかにはここで越冬するものもいるそうです。



この時はまだ気の早いハクチョウが数羽いただけでした。



DSC00031 (1)-1-001


DSC00033 (1)-1-003


DSC00034 (1)-1-004
こちらは、春国岱に行く途中の牧草地に居たマガンの群れ

マガンもハクチョウと同じ冬鳥

無数のマガンが一斉に飛び立つ姿は圧巻です。





ちなみに、タンチョウはよく渡り鳥と間違われますが、

一年と通じてこの地で暮らす留鳥なんです。

DSC00206.jpg
今日も僕の車の横をしばらく並走(並飛?)した後

頭上を越えて秋空の彼方へ飛んでいきました。



にほんブログ村に参加しています。
ポチッとしていただけると嬉しいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ

秋の早朝散歩にて

Posted by シマリスのほっぺ on

コスモが来てから

起床時間が1時間早まった。

起きること自体は習慣になってしまえば

それほど辛いことではない。



時間になれば自然と目は覚める。

目は覚めるけど・・・

布団から出られない。

そんなつらい季節がやってきた。


DSC01072-1-008.jpg

昼間はドライブ、夜はスターウォッチングを楽しんだ翌10月9日、

快晴による放射冷却作用で今シーズン初の氷点下を記録

散歩に出かける時には辛うじてプラスに転じてたけど、

防寒帽子、ネックウォーマー、手袋で完全防備

白い息が朝日に照らされ視覚的にも寒さが倍増。



DSC01075-1-001.jpg
もう少ししたら、夜明け前に散歩することになるのか・・・

う~~~、辛いなぁ





なんて、ネガティブなことを言っておりますが

早朝散歩も悪いことばかりではありません。



先日、こんな素敵な出逢いがありました。


DSC01092-1-002.jpg
タンチョウ

いつも声は聞こえてたから近くにいるのはわかってたけど

この日はこんな間近で見ることができました。



DSC01095-1-004.jpg
コスモも初めて見るタンチョウに興味津々


DSC01093-1-003.jpg
く~~、いつもの立っちをしてたんだけど

一瞬シャッターを押すのが遅れてしまった。




一時は絶滅の危険さえあったタンチョウも

近年は年々生息数を増やし続け

生息範囲も広がりつつあるようです。


この時期はデントコーン(牛の飼料用のトウモロコシ)の収穫が全盛期なので

こぼれたコーンを求めてあちらこちらに出没します。





DSC01100-1-005.jpg


DSC01101-1-006.jpg


DSC01102 (1)-1-007
散歩の帰り道

声がするので振り返ると

さっきのタンチョウが頭上を越えて

朝日の中に消えていきました。


『早起きは三文の得』だね。


にほんブログ村に参加しています。
ポチッとしていただけると嬉しいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。