気ままに花鳥風月

気ままに花鳥風月

2頭のわんぱくワンコ、コスモとリゲルを従えて今日も楽しく過ごしましょう

スポンサーサイト

Posted by シマリスのほっぺ on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台湾旅行記 番外編

Posted by シマリスのほっぺ on

台湾旅行から帰ってきて早3ヶ月・・・

震災のニュースで、あの日から何ヶ月・・・とか、何年・・・というニュースを見るたびに

”あぁ、台湾に旅行に行ってからもう何ヶ月(何年)なんだな”と思うんでしょうね。



好評だった(ホントか?)台湾旅行記

今回は番外編としてグルメ特集でお贈りいたします。(^o^)


まずは、台湾といえばやっぱりこれでしょう。

小籠包



実は、僕は今まで小籠包なるものを食べたことがなかったのです。

初めて食べたのが、本場台湾のしかも超人気店の・・・なんだっけ?(^_^メ)

当然、美味しいに決まってますよね。

ただ、混んでたので相席になって、いまいち落ち着けなかったかな。


これも同じ店で食べた 水餃子



これも当然、美味しかったです。(^o^)





さて、これはなんだか解りますか。

義兄に連れて行ってもらった高級中華料理店での一品。

食材は・・・  



か・え・る  で~す。(^o^)

お味は・・・ま、言われなければ鶏だと思って食べたことでしょう。(^_^メ)


お次はいよいよ夜市です。




左の麺は解るとして・・・右側の物体・・・これはいったいなんでしょう?

未だにこれが何だったのか・・・わかりません。(>_<)



最後は、やっぱりデザートで〆ですかね。




これも台湾ではおなじみのフレッシュフルーツのカキ氷

キウイとイチゴ、そしてマンゴー(味のコンニャク)

この店の一番人気はマンゴーカキ氷なんだけど、

この時は時季を外していたのでこのような形で誤魔化していました。(^_^メ)




Daysを始めて約1年・・・

これからももっと充実させていこうと思っていた矢先の突然の閉鎖案内(>_<)

今まで本当にありがとうございました。m(__)m

皆様から頂くコメントを頼りにここまでやってくることができました。

今後はブログのほうに籍を移してやっていく所存ですので、

これまでと変わらぬご愛顧を頂戴できれば幸いです。m(__)m

スポンサーサイト

台湾旅行記(その3)

Posted by シマリスのほっぺ on

いよいよ台湾最終日。

この日は午前中はのんびりモード。
昼前から動き出して、ショッピング。
そして、飲茶でランチ。
昼過ぎから現地で申し込んだプチツアー。
行先は”ノスタルジックタウン”「九分」







レトロな街並みに茶店やみやげ物屋、雑貨店が立ち並んでいます。
この風景、何かを連想させませんか?
実はこの九分、映画「千と千尋の神隠し」のモデルとなった街なのです。

もう一つの九分の魅力。
夕焼けがとってもきれいなこと。
このため夕方のツアーが一番人気があるのです。
この日は天気も良く、きれいな夕日が見れました。\(^o^)/






今回の台湾旅行、いろいろなことがあったけど、
結果的には義兄にも会えたし、最後にこんな風景も見られて大満足でした。(^o^)

次の日、ガラガラの飛行機に乗って無事羽田に到着。
日本の新聞を読み、日本のテレビを見て改めて事の重大さを痛感させられました。



そうそう、その1の問題の答えでしたね。



そう、答えは「ワニ」でした。(^o^)
え?こんな下手な絵じゃ余計にわからない?
こりゃ、失礼いたしました。(^_^メ)

台湾旅行記(その2)

Posted by シマリスのほっぺ on

台湾2日目

この日、ようやく義兄と会うことができました。\(^o^)/
東北の本社は日本海側だったため大きな被害もなく、
義兄も晴れて無罪放免。会社待機も解かれました。

でも本当はこの日はツアーに無料で追加できる市内観光に申し込んでいたのだ。
だめもとで、一人追加させてもらえないか、とか、日にちを1日ずらせられないか、
と頼んでみたけど・・・・今日の明日じゃ変更はできないとのこと。(>_<)
そりゃそうだよね。
しかたなく、今度は我々がドタキャン。
もともと無料のオプションだから、ま、いいか。

で、朝に台北駅で義兄と待ち合わせ。
義兄は台北から新幹線(技術は日本から輸出)で1時間位のところに住んでいるのだ。

まず、訪れたのが、台北観光のお約束スポット「台北101タワー」
101階建て(地上509m)のこのビルは、ドバイの何とかタワーができるまでは世界一の
高さを誇っていました。



89階(地上382m)にある展望台から見た台北の街並み。
東京スカイツリーの展望台はもっと高くなるんだよね。










展望台のアイスクリームの売店の看板。
さすが中国圏、牛の模様もパンダ柄。(^o^)













お昼を某有名中華料理店でご馳走になった後、
台北のパワースポット「龍山寺(ロンサンスー)」へ。




日本でいうと、浅草寺かな。

でも浅草寺との違いは、観光客よりも圧倒的に信仰者のほうが多いということ。
老若男女が列をなしてお浄めをして、お供え物を捧げて、長~いお線香を手に、スピーカーから大音量で流されているお経に合わせてお経の大合唱。




そうかと思えば、境内のあちこちにこのような像が・・・
「電音三太子」
まじめなんだか、ふざけてんだか・・・
よくわかりません。(^_^メ)





台北の夜と言えば、「夜市」 
市内のあちこちで日暮れとともに屋台が立ち並び活気に溢れます。
その中でも有名なのが200軒以上の屋台が軒を並べる「士林夜市」
行ったのが日曜日ということもあり、とにかく人・人・ひと・・・



ここは、B級グルメの宝庫です。(^o^)


台湾のいろいろな面がみられた楽しい1日でした。(^o^)

台湾旅行記(その1) -2ヶ月遅れ-

Posted by シマリスのほっぺ on

平成23年3月11日14時46分・・・その時、僕は羽田空港の国際線ターミナルにいました。

4泊5日の台湾旅行。
海外旅行は約5年ぶり。
羽田に国際線が就航するおかげでその日のうちに台湾入りが可能となった。
千歳経由という選択肢もあったけど、この時期の千歳は大雪による欠航のリスクがあったので新しくなった羽田国際線経由にした。
現に前日には新千歳空港は吹雪のため欠航が相次いだようだ。
選択に間違いはなかった・・・・・・・・・はずだった。

当日、昼前に羽田空港に到着。
国際線ターミナルに移動し、少し早目の昼食をとり、
江戸の町並みを模したショッピング街をウロウロ。
あとは手荷物検査を受けて免税店でウィンドウショッピングをしながら
搭乗時間を待つだけ・・・・・・・・のはずだった。

徐々に強くなる経験したことのない揺れ。
当然、空港の業務は休止。再開のめどは立たず・・・
アナウンスではモノレール、京急、空港バスがすべて運休していることを告げている。
ケータイのワンセグではとんでもない光景を映し出している。
こりゃあ、えらいこっちゃ。どないしよ・・・
どうもこうも・・・どうにもならない。
飛行機は欠航、今夜はここで野宿するしかない・・・・・と覚悟を決めた。
こんなことなら千歳経由にすればよかった。

しかし、幸運にも僕らの乗る便の搭乗手続き再開のアナウンスが・・・
たぶん再開第1便目だと思う。
予定より2時間遅れ。
台湾のホテルについたのは現地時間の午前1時(日本時間午前2時)。
長い長い1日だった。でも、無事着けてよかった。
それにしても空港の待合ロビーのテレビで見た映像・・・
あれは一体・・・夢か・・・幻か・・・


さて、ここからが本当の台湾旅行記となります。

そもそも今回の台湾旅行の目的は、
義兄(カミさんのお兄さん)がIT企業に勤めていて現在台湾に赴任中でして、
今年の秋には日本に帰ってくる予定だってんで、
ならば居る間に一回遊びに行こうというわけで計画されたものなのです。

で、台湾初日にはお義兄さんと一緒に現地の日帰りツアーに参加する予定でした。
ところが・・・
お義兄さんの勤める会社の本社があるのが東北地方。
緊急事態にお義兄さんは休日返上で会社待機に・・・(>_<)
前日の深夜に判った事なので、日にちの変更など出来るわけもなく、
結局、義兄はドタキャン、僕とカミさんの2人でのツアー参加となりました。

ツアーの行き先は、台湾の北東部、花連というところの「タロコ渓谷」
太魯閣渓谷(タロコ渓谷)は、立霧渓が大理石の岩盤を浸食して形成された大渓谷。奇岩怪石と水の美しさゆえ、台湾の中でも特に人気のある観光地である。』(wikipedia)
台湾の首都、台北から特急列車で4時間、さらに車で1時間ほど行ったところにあります。(いやぁ、長かったよぉ)



自然の作り出す見事な彫刻美(^o^)

それにしても、よくこんなところに道路を作ったもんだ。
ちなみにこの道路、全て手掘りだそうです。








この長~いつり橋、渡れるのかと思ったら、
申請制の登山道になっていて一般の観光客は渡れないとのこと。
残念なような・・・ホッとしたような・・・(^_^メ)








ここは旧道で遊歩道として使われていたんだけど、僕らが行った2週間ほど前に観光客の頭に落石が当たって意識不明の重態になる事故があり、現在通行止。
おかげで、ガイド(おばさん)がビビッちゃって
車から降りようとしない。
降りても、シャッターを押したらそそくさと車に戻っていた。(>_<)

確かに日本の観光地では考えられないデンジャラスゾーンには違いない。




まるで中国の水墨画に出てきそうな風景。












さて、突然ですが、ここで問題です。

左の写真、隠れている動物は何でしょうか?

よ~く見て下さいね。
ほ~ら、大きな口が見えてきたでしょう。
お!目もある。こことここが手足で・・・
長~いしっぽ。 と、いうことは・・・
そう!答えは・・・・・・・

わかった人は僕に耳打ち(メッセージ)して下さいね。(^_-)-☆



お義兄さんも来たことがないから
一緒に来るのを楽しみにしていたので本当に残念でしたが、
朝降っていた雨も渓谷に着いたときには快晴になり、
落石事故の影響か、いつもより人も少な目ということで
ゆっくり見ることが出来ました。(^o^)

あ、ちなみに帰りは列車ではなく飛行機で30分の道のりでした。\(^o^)/

その2(いつになるか判らない)に続く・・・



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。